>

ベッドスクール歌「ともだち」について

  昭和39年に発表された坂本九さんのヒット曲「ともだち」(永六輔さん作詞、いずみたくさん作曲)は、西多賀養護学校と縁の深い歌です。


  昭和39年10月中旬、全国社会福祉協議会(東京)の更井さんが、仙台市立西多賀小・中学校療養所分校(“西多賀ベッドスクール”)を視察した際、 体の不自由にも負けず、皆明るく勉強している姿を見てすっかり感激しました。
  そのとき更井さんは、ベッドスクールの子どもたちが坂本九さんの大のファンで、坂本九さんにベッドスクールの歌を歌ってほしいと希望していることを知り、   帰京後、早稲田高校時代の同級生で、「上を向いて歩こう」の作詞者である永六輔さんに相談しました。【写真:レコードジャケット】
  永さんは快諾。また永さんから話を聞いた いずみたく さんも、趣旨に賛同して無償で作曲を引き受けてくれたのです。
  その後、永さんの手元には、「歌詞をつくる資料に」と、西多賀の子どもたちの作文・詩をまとめた文集がどっさり届けられました。
  こうして「ともだち」の歌は生まれました。昭和39年12月に完成した歌はレコードになって、全国のベッドスクールなど福祉施設の子どもたちの人気を集めました。
  
 


続く・・・坂本九さんとキューティーQの皆さんが西多賀ベッドスクールへ